新着情報


あなたのそばでサポートしつづけます。



 我々メディカルブレイン響は、「メンタルヘルス総合支援機関」として、医療と心理療法を提供しています。

近年、我々を取り巻く環境はますます複雑化・多様化しています。それに伴い、人々が心に抱える問題も、さまざまな要因が絡まりあった非常に複雑なものとなっています。

そのような難しい問題を心に抱えておられる学生や従業員、スタッフを支えていく上では、さまざまな機関・職種の方がさまざまな場で協力・連携し、チームを組んで問題に携わっていく必要があります。

しかしながら、現在の日本では医師の時給の高さや、医師と心理系スタッフの垣根の高さから「精神科医」が「直接心理士と一緒にサポートする」ことは稀で、医師や心理士は独立して対象者にかかわっているのが現状です。そのため現在様々な弊害が起きていることも事実です。

私たちメディカルブレイン響の原点は、「精神科医が作った心理ケア施設」です。

そのため、他施設では成しえなかった医師・薬剤師が常に心理士と情報交換しあい、相互にアドバイスをしながらケアをすすめることが可能となっています。

<このようなお悩みはありませんか>

・「うつの社員が多くでて、今後どのようなサポートをしていいか悩んでいる」
・「学校内でのカウンセリングでは、医療につなげることが出来ないので、
医師と心理士が連携したサポートがほしい」
・「メンタルで悩んでいる人にどう接したらいいかアドバイスが欲しい」
・「メンタルに問題がある社員の相談を受けるだけでなく、
医師の診断もしてほしい」

カウンセリングルームと、医療機関が一体となっている当グループでは、
今まで難しかった「心理カウンセリング」と「精神科専門医が行う産業医」の支援を、同時に提供することが可能です。

<主な提供内容>
・産業医顧問
・臨床心理士、公認心理士等による問題を抱える対象者への心理ケア
・メンタルヘルス相談
 (スタッフや学生への対応のアドバイス、産業医による定期相談、職員の心のケア)
・精神科医による診察、処方(クリニック対応可)
・心理ケア計画の立案
・講演会、講習会の実施
・心理検査の実施
・薬剤師によるお薬相談、精神科の処方薬の解説、違法薬物への啓蒙

詳しくは、上にある「お問い合わせ」 からメールでご連絡いただくか、当施設Facebookにてダイレクトメールをお送りください。追ってお返事いたします。